読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年末年始に里帰りをしたべっぴんさんへ。

こんにちは、nkyutです。

 

月末月初で猫の手も借りたいところです、と言いたくなるだけで、その実、然程忙しい訳でもない月初を迎えております。

 

さて、今日はちょっと前の話になりますが、年末に里帰りをする友人に「どうせ実家にいても暇だから、なんかオススメの漫画あったら教えてよ」と言われた時に、「漫画読む前にちゃんと親孝行しなさいよ」という余計な一言も添えてお伝えをした漫画をご紹介したいと思います。

 

まずは、このぐうたらな友人について軽くご紹介しておきます。

 

【里帰りをする友人についての考察】

  • 29歳女性
  • 年下の妹さんを溺愛している
  • 読書スタイルは多読な上に速読
  • ゲーム好き。「人生をイージーモードで過ごしたい」と常々口ずさんでいる
  • 好きな漫画は「働きマン」とのこと
  • 働きマン」好きを豪語するだけあって、バリバリの仕事人間
  • 乙女と天邪鬼が混在している
  • ベタベタなシチュエーションが好きなのに、ベタベタな展開が来ると文句を言うタイプ
  • 美味しい食事と綺麗な海が生き甲斐らしい
  • そう言っている割に休日は出不精な模様
  • ホラーは苦手
  • だけど、べっぴんさん。物凄くべっぴんさん(と褒めておかないと後が怖い)

そんな仕事はしっかり、プライベートはザックリなべっぴんさんな友人です。

 

【nkyutとしてのオススメ】

 以上の観点から、下記三点を留意事項として考えてみました。

  • 里帰りということなので、あまり巻数がかさばるものはよろしくなさそう
  • 様々なジャンルの本に強いので、有名作は読んでいる可能性大
  • むしろ何をオススメしてくるのか?という観点で試されている感がある

なんてことをサッと考えた上で、年末の時には漫画を紹介したものです。

なぜなら、早く漫画を紹介しないと怒られてしまう状況だったから。少しは考える時間が欲しかったものです。とほほ。

そんな訳なので、早速、彼女にオススメした漫画をご紹介します。

今回も「鉄板」「チャレンジ」「異色」の三作になります。

 

【鉄板】封神演義 

封神演義―完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)

封神演義―完全版 (01) (ジャンプ・コミックス)

 

30歳前後の人には、きっとたまらない作品ではないでしょうか。

四不象に乗りたくてたまらないですし、自分だったらどんなパオペエ使おうかなど夢想することもたまりません。

そして何よりキャラ萌え。イケメンも美女も老人もダメ人間も人間以外の生物も、ありとあらゆるものが内包されているので、誰しも推しメンが見つかるのでは?

そんな「封神演義」は、年末年始に懐かしくもワクワクできる漫画の代名詞だと勝手に思ってます。世代なもんで。

ただ、ちょっと巻数かさばりますよね……いきなり裏切ってすみません。

 

【チャレンジ】東京トイボックス

東京トイボックス 新装版 1

東京トイボックス 新装版 1

 

先日ご紹介した「スティーブズ」に引き続きのうめさんの作品です。

好きなんです、うめさん

さて、こちらの「東京トイボックス」は、とあるゲーム制作会社のお話です。ゲーム好き、かつ、仕事人間な友人はきっと気に入ってくれるはず。

そして、この「東京トイボックス」は全二巻ですが、続編の「大東京トイボックス」は全十巻ということで、二巻ではちょっと物足りないかも……という時に、長々と世界に浸れるので、年末年始にピッタリな作品ではないかと。

しかし、続編の「大東京トイボックス」は「マンガ大賞2012」の第2位ということで、これも有名作ですね。再び裏切ってすみません。

 

【異色】午前3時の無法地帯

午前3時の無法地帯 1巻 (FEEL COMICS)

午前3時の無法地帯 1巻 (FEEL COMICS)

 

 異色としては、ねむようこさんの「午前3時の無法地帯」を持ってきてみました。

仕事人間だけど、乙女な面もある彼女は、気に入ってくれるのではないかと思いつつも、主人公のちょっとゆるふわっとしたところが逆鱗に触れる可能性も……と思っての異色としてのご紹介です。

や、当然、個人的に大好きな作品なので自信を持ってオススメできる作品ではあるんですが。

 

とひとしきりご紹介したのですが、三作全てが全て有名作だったので、まだまだ精進が足りないなと反省した昨年末だったのでした。

 

【後日譚】

そんな三作を紹介した後に、年が明け、べっぴんな友人に「オススメ作品はどうだった?」と聞いてみました。

聞いてみたところ、返ってきた答えがコレ。

封神演義と聞いて、つい懐かしくて「レベルE」読んじゃった」

「……どんだけ天邪鬼だよ」と思いましたが、とりあえずは紹介した甲斐はあった、の、かな……?