読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サクッとマンガを楽しみたい転職した先輩へ。

こんにちは、nkyutです。

 

息子と一緒に「鬼は外福は内」と節分を楽しもうと準備を進めていたところ、息子から「食べ物を粗末にしちゃダメだよ」と言われてしまいました。

なかなか正しいことを言うもので、返答に窮しちゃう 2月3日の出来事でした。

 

さて、新年が明け一ヶ月が過ぎましたが、今回はちょっと遡って年明けの話です。

 

年明けにその転職をした先輩と新年会と称した飲み会を開催しました。

その時に「相変わらず漫画読んでるの?それなら、サクッと読めて面白い漫画ない?」と聞かれたので、先輩にお伝えした漫画のご紹介をしたいと思います。

 

【転職をした先輩についての考察】

  • 34歳男性
  • IT企業の企画職
  • 新婚さん
  • 元遊び人
  • 松本大洋さん」が好き。特に「鉄コン筋クリート」。
  • 普段はそこまで本を読まないらしい
  • 新しいもの(特にガジェット系)が好き
  • 登山がライフワーク 
  • 今回はサクッと読める漫画を知りたい

 

【nkyutのオススメ】

以上の観点から、サクッと読むために、短編集にしてみようかな、と。

さらには、比較的新しめな漫画家さんの作品を、今回も「鉄板」「チャレンジ」「異色」の三作品としてご紹介してみることにしました。

 

【鉄板】竜の学校は山の上 九井諒子作品集

竜の学校は山の上 九井諒子作品集

竜の学校は山の上 九井諒子作品集

 

 「ダンジョン飯」で一世を風靡している「九井諒子さん」の短編集です。

ジャンルで分けると、ファンタジー作品ということになるのでしょうが、それでもどこか地に足が着いたような趣があり、違和感なく世界観に入り込めるかと思います。さらには、絵も物語も美しいので、読んでいて飽きません。

男性なら誰しもRPG的な世界好きですよね?という偏見混じりな意見からの鉄板作としてのオススメです。

 

【チャレンジ】森山中教習所

森山中教習所 (ビッグコミックス)

森山中教習所 (ビッグコミックス)

 

 実写映画化もされている「真造圭伍さん」作の「森山中教習所」ですが、絵柄がどことなく「松本大洋さん」を彷彿とさせるので、先輩も好んでくれるのではないかと思いオススメしてみました。

シュールな独特な雰囲気で進むのかと思いつつも、結末に向かっての流れはなかなかに味わい深いものがあります。

 

【異色】半神 

半神 (小学館文庫)

半神 (小学館文庫)

 

 

天才漫画家「萩尾望都さん」の短編集。

「生きること」について、たったの十数ページの中に凝縮されています。

文学的な美しさと色気を満々に感じることのできる素晴らしい作品ではないでしょうか。

私が短編集を薦める際には誰彼問わず必ずと言っていいほど「一度は読んで欲しい作品」として紹介をしている作品ですが、正直、先輩の趣味には合わないかもしれません。それでもオススメしたくなる魅惑の短編集です。

 

【後日譚】

その後、オススメした作品について先輩からメールを貰いました。

どうやら「真造圭伍さん」にハマったらしく「みどりの星」を全巻まとめ買いしたそうです。

子どもの頃にはできなかったけれど、今ならできるという大人の財力にものを言わせての漫画のまとめ買い。

一度やると病みつきになっちゃうんですよね。

みどりの星(1) (ビッグコミックス)

みどりの星(1) (ビッグコミックス)